経済産業大臣指定伝統的工芸品 御人形司・市川豊玉
御雛
御雛 端午

雛人形/ひな人形/おひなさま/市川豊玉

プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ
御雛端午受賞歴作者紹介歴史ショールーム販売店TVCMWEB販売BLOG
おひなさま(ひな人形)“静寂の美”思う心を形に、ひとつひとつ丹精こめて
市川豊玉 WEB販売ひな人形
親王飾り
七段飾り
三段飾り
木目込人形
頭の製作工程
伝統的技法
こだわり
かさねの色目
ならわし
飾りつけ
雛の宴
部品のばら売り
お人形の修復
お供養祭感謝祭
浅草橋「人形店マップ」

Copyright
市川豊玉HOME >> 御雛 >> かさねの色目
かさねの色目
平安の世を彩った「かさねの色目」
平安時代の貴族文化は、その身を飾る衣服は、とりわけ貴族の信条であった「高貴・雅」の心を大切にしていました。
衣服には表と裏違う色の布地を重ね一枚の布とし、さらにその布を何枚も重ねて色彩の調和を楽しみました。色彩 のセンス・鑑識眼は、当時宮廷社会においてなくてはならない素養とされていたのです。又その色目の多くに「自然同化の思想」が感じられ、当時の人々がいかに自然を愛し、うつろいゆく自然の表情に従うことが心をくだいたかが分かります。
若草 若草
早春の野原に淡緑の若草が萌え出した情景をあらわした色目。
紅梅 紅梅
早春に花開く紅梅の色を模したもの。
平安の女房に愛用された衣の色面の一つ。
樺桜(かばざくら) 樺桜(かばざくら)
樺桜の花は平安貴族に愛好された。「源氏物語」では気高く清らかな女性、紫の上を樺桜にたとえた和歌も詠まれている。
桃 桃
早春に花開く紅梅の色を模したもの。
平安の女房に愛用された衣の色面の一つ。
 
  HOME御雛端午受賞歴作者紹介歴史ショールーム販売店TVCMWEB販売BLOG