経済産業大臣指定伝統的工芸品 御人形司・市川豊玉
御雛
御雛 端午

雛人形/ひな人形/おひなさま/市川豊玉

プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ
御雛端午受賞歴作者紹介歴史ショールーム販売店TVCMWEB販売BLOG公式Facebook
おひなさま(ひな人形)“静寂の美”思う心を形に、ひとつひとつ丹精こめて
市川豊玉 WEB販売ひな人形
親王飾り
七段飾り
三段飾り
木目込人形
頭の製作工程
伝統的技法
こだわり
かさねの色目
ならわし
飾りつけ
雛の宴
部品のばら売り
お人形の修復
お供養祭感謝祭
公式Facebook

浅草橋「人形店マップ」

Copyright
市川豊玉HOME >> 御雛 >> 飾りつけ
飾りつけ
おひなさまは福のものです

節分で鬼を追い払ってから、おひなさまを飾り「福」を招き入れる意味からも、節分を過ぎて立春(2月4日)になってから、2月中旬にかけ、なるべく日の良い日を選んでお飾りいただくのが正式です。

昔からお祝い事は、いくら目出度いといっても3月(みつき)にまたぐのは良くないといわれています。1月に飾ると2、3月にまたがります。これは長い間お人形を飾っておくと埃をかぶったり傷んだりしますし、だらだらしていないでものごとにには切目をつけなさい、という先人の教えだと思われます。

飾り付けの日には、「おひなさまを飾りますので手伝ってください!」と、お里のご両親をお誘い下さい。

小学校に行かれるくらい迄、こうした時を過ごされますと、お子様の心の中に、本当に私は大切に育てられたという、あたたかい思い出が一生残り、おじいちゃん、おばあちゃん、そして両親を大切にする、思いやりのある女の子に育っていただけると思います。

おかあさん一人で飾っては祭り事にならないばかりか、面倒くさいと思われるようになっては、せっかくのひな祭りも淋しいものになってしまいます。皆でままごと遊びの気分にひたって、お子様の幸せを祈りつつお飾り下さい。

 
  HOME御雛端午受賞歴作者紹介歴史ショールーム販売店TVCMWEB販売BLOG