経済産業大臣指定伝統的工芸品 御人形司・市川豊玉
御雛
御雛 端午

雛人形/ひな人形/おひなさま/市川豊玉

プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ
御雛端午受賞歴作者紹介歴史ショールーム販売店TVCMWEB販売BLOG
おひなさま(ひな人形)“静寂の美”思う心を形に、ひとつひとつ丹精こめて
市川豊玉 WEB販売ひな人形
親王飾り
七段飾り
三段飾り
木目込人形
頭の製作工程
伝統的技法
こだわり
かさねの色目
ならわし
飾りつけ
雛の宴
部品のばら売り
お人形の修復
お供養祭感謝祭
浅草橋「人形店マップ」

Copyright
市川豊玉HOME >> 御雛 >> 頭の製作工程
頭の製作工程
伝承の技・職人の技 本練桐型塑胡粉仕上(ほんねりとうそごふんしあげ)
伝統工芸品の指定を受けているおひなさまは、伝統技術によってひとつひとつ創られています。とても味わい深いお顔に仕上がります。普及品・一般品は石膏をシリコン型で大量に作られていますから、版で押したように同じ物が大量に作られています。市川豊玉のおひなさまは、本練桐型塑胡粉仕上(ほんねりとうそごふんしあげ)による伝承の技・職人の技がいきています。
1.生地
桐粉と生麩を練り合わせて凹型で生地を抜く。
   
  2.目入
生地を小刀、やすりを整形して目玉(義眼)を入れる。
   
  3.置き上げ
胡粉を膠で固めにといたもので目、鼻、口を置き上げにする。
   
  4.地塗りから中塗り
薄目の膠で練った胡粉を刷り込みように塗り、やすり等で表面を整えて、再度胡粉を塗る。
耳の置き上げをする。
   
  5.切出し
目、耳、口を小刀で切出す。
   
  6.上塗り
上塗胡粉をゼラチンで溶いたものを3〜5回塗る。
   
  7.面相
目を開ける。
眉、まつ毛、生え際を書く。口紅、頬紅を差す。
   
  8.髪付け
毛書きにそて筋彫りをし、スガ(絹糸)を植える。
   
  9.完成
髪を結い上げて簪(かんざし)等をつけて完成する。
 
  HOME御雛端午受賞歴作者紹介歴史ショールーム販売店TVCMWEB販売BLOG