経済産業大臣指定伝統的工芸品 御人形司・市川豊玉
御雛
御雛 端午

雛人形/ひな人形/おひなさま/市川豊玉

プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ
御雛端午受賞歴作者紹介歴史ショールーム販売店TVCMWEB販売BLOG公式Facebook
おひなさま(ひな人形)“静寂の美”思う心を形に、ひとつひとつ丹精こめて
市川豊玉 WEB販売ひな人形
親王飾り
七段飾り
三段飾り
木目込人形
頭の製作工程
伝統的技法
こだわり
かさねの色目
ならわし
飾りつけ
雛の宴
部品のばら売り
お人形の修復
お供養祭感謝祭
公式Facebook

浅草橋「人形店マップ」

Copyright
市川豊玉HOME >> 御雛 >> 伝統的技法
伝統的技法
人形の命=お顔、と思われがちですが、お人形は頭、お衣裳のバランスが本当のポイントです。このバランスの妙技を得意とする市川豊玉は、伝統的技法を平成の世も守り続けております。
お顔のつくり
市川豊玉のおひなさまを御覧になると、透き通るような質感のあるお顔に出会います。桐の粉を生麩糊を混ぜ松脂で作った型に埋めて自然に乾燥いたします。その後、上質の牡蠣の貝殻と人類最古のの接着剤にかわを混ぜ出来上がった胡粉を丹念に数十回塗り重ね、磨きをかけ出来上がります。
書き目と目入り
市川豊玉のおひなさまの目を御覧ください。木目込人形の様な面相と違い瞳、瞼まで書き入れた仕上げをしております。
眉、目共に極細の面相筆で数十回も描き上げております。又、硝子の目を埋め込み彫刻刀で切り出したお顔もあります。
(※書き目の技法は実用新案登録済です)
女の子のお節句だからこそ
お人形の完成には、目に見えない部分まで手を抜くことは出来ません。たとえば髪の毛に隠れる耳。どんな小さなお雛様にも手を抜くことはございません。髪の毛は女の命。オズペラカシと垂れ髪をご用意いたしました。
(※雛人形の女雛の髪型は垂れ髪実用新案登録済です)
衣裳着人形の姿
衣裳着人形は、表地は当然の事、重ね、襟に渡るまでたくさんの裂地を要します。お人形はひとがた。写実的に作られるのが自然です。木目込人形の約8倍もの裂地を1枚1枚縫い上げ着付けしていきます。
はんなりと…
市川豊玉のお雛様に使われるお衣裳は、本物の京都西陣織の手機を使用しております。そしてすべて本正絹。縦糸横糸共に正絹です。西陣の名工たちが市川豊玉のおひなさまのために紡ぎ、染め、オリジナルの衣裳を織っています。同じ衣裳はどこにもありません。
お仕立て
まずは、人形のお衣裳を触ってみてください。名工たちによって織り上げた絹織物の風合いを損なわぬように、とても柔らかく仕上げました。髪で裏打ちしたごわごわとした感触は、せっかくの衣裳も台無しにしてしまいます。こんな見えないところにも市川豊玉の心がすみずみまで行き渡っています。
 
  HOME御雛端午受賞歴作者紹介歴史ショールーム販売店TVCMWEB販売BLOG